スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積ん読

皆様ごきげんよう。

とけてしまいそうなほど暑かったのに
昨日の大雨を境に、とっても過ごしやすいー(●^o^●)

ワンコ達のあれこれ、酷暑で昼間は外出できず、
夏休みなので、これといってしなければならない事もなく
脳味噌はすっかりフニャフニャで、
もし万歩計つけてたら一日数百歩くらいしか歩かない日々が続いていたので、
足腰の筋肉まで衰えていました(笑えない)

実家からたくさんもらってきた本もあり
私の「積ん読」は過去最高の高さになっていました。
でも、火曜日に始まったお仕事と、この涼しさでようやく活性化。
優先順位が変わって(笑)3冊読み終わりました。

↓↓実家の父からもらってきた一冊。
私は年に何回か飛行機に乗りますが、マイレージのこともあり
羽田がビッグバードに変わってからはたった1回ANAに乗った以外は
ずっとJALです。JALの月刊機内誌「SKYWARD」に掲載されている
浅田次郎のエッセイは毎度楽しみでしたが、それが本になっていたんですね。
一気に旅気分が盛り上がってきます。
つばさよつばさつばさよつばさ
(2007/09/27)
浅田 次郎

商品詳細を見る


↓↓父が母のために買った本みたいなんですが 
母が読み終えたというのでもらってきました。
ま、私も「後半」っちゃー後半なんですけど....
まだ認めたくない微妙なお年頃なので(^_^;)。
女は後半からがおもしろい女は後半からがおもしろい
(2011/05/06)
坂東 眞理子、上野 千鶴子 他

商品詳細を見る


↓↓故郷の作者、馴染み深い地名。
一日で読み終えました。帯に「ほのぼの晴れ晴れ 昔の時代小説」
とありましたが、とても好きな感じでした。
人情 安宅の関人情 安宅の関
(2011/05)
戸田 宏明

商品詳細を見る


↓↓前に さぁ読もうとポチったのもまだまだあるというのに
次にこの三冊のうち、どれを読もうかな~と悩み中。
廃墟に乞う廃墟に乞う
(2009/07/15)
佐々木 譲

商品詳細を見る

火車 (新潮文庫)火車 (新潮文庫)
(1998/01)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

飲めば都飲めば都
(2011/05)
北村 薫

商品詳細を見る
スポンサーサイト

まるで秋の風

皆様ごきげんよう。
今朝の気温は19度だった東京です。
今の気温も25度くらいでしょうか。
爽やかで、日差しはまるで秋のお彼岸の頃のようです。
赤とんぼが飛んでいそうなくらい。
今日から学校が夏休みの生徒さん達、元気に通ってきてくれそうです(笑)。

久しぶりに気持ちよくて、ミント・マロンを連れてのんびりお散歩もしてきました。
ベランダでは根挿ししたバジルがすっかり大きくなって
お料理にどんどん使えそうです。
20110721 002
我が家では、バジルといえば「ガーパオ」に使う頻度が一番高いかな。
お料理上手のあきちゃんが教えてくれた「ガーパオ」
とても簡単で美味しいのですよ。
今度作ってアップしますね(*^_^*)

続きを読む

冬篭り

如月です。
寒さの峠を超えたようで、今日の東京は気温がずいぶん上がっているようです。

昨日の東京は本当に寒くて、なんていうと雪国の人には怒られてしまいますね。
実家の金沢もそれはすごい雪が降ったようなのですが、雪国の人は大雪には慣れていて
ただ、このところそれほど降らなかった間に、両親なども年を重ねてしまったのです。
だから一応心配して電話をかけると、
「たいしたことないわよ」といいながらも電話を喜んでいました。


今月は勝手に読書強化月間と決め、またポチっとなしておりました

↓↓芥川賞とその書評を読みたいので
文藝春秋 2010年 09月号 [雑誌]文藝春秋 2010年 09月号 [雑誌]
(2010/08/10)
不明

商品詳細を見る


↓↓友達に勧められて
純愛小説 (角川文庫)純愛小説 (角川文庫)
(2011/01/25)
篠田 節子

商品詳細を見る


↓↓カスタマーレビューがなかなか良いので
暗渠の宿 (新潮文庫)暗渠の宿 (新潮文庫)
(2010/01/28)
西村 賢太

商品詳細を見る


↓↓いろいろクリックしている間に私の好きな小池真理子がでてきたので
ノスタルジア (双葉文庫)ノスタルジア (双葉文庫)
(2002/12/01)
小池 真理子

商品詳細を見る


単行本や文庫本をいろいろ買うのも楽しいのですが、文藝春秋をクリックしていたら
オール読物というのが表示され
↓↓
オール讀物 2011年 02月号 [雑誌]オール讀物 2011年 02月号 [雑誌]
(2011/01/22)
不明

商品詳細を見る


あ~うちの実家によく積んであったなぁなんて思い
こういうのもなんだか楽しそうだとオヤジ系(?)読み物にも興味を持ってしまいました

Amazonプライム会員の私には、あっという間に届くのがとても嬉しい~


↓↓yukinoっちに借りたこの本。荻原さんの本は初めてなのでワクワクしています。
サニーサイドエッグ (創元推理文庫)サニーサイドエッグ (創元推理文庫)
(2010/05/22)
荻原 浩

商品詳細を見る


これが終わったら「月と蟹」へGO。
「白銀ジャック」は、なんだか期待はずれでした
** Profile **

佳江

** Main Site **
Welcome to Yoshie's Garden(本館)

* 最近の記事&コメント
* mail me *
メールはこちら 
ブログ内検索
** LINKS **

*script by KT*
* カテゴリー
* 過去ログ
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。