スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス旅行記 -7- Nottingham, Departure

今日で水無月も終わります。
明日からは2010年後半 文月に。
毎年、梅雨の時期は晴耕雨読のはずなのですがどちらも中途半端
ようやく先日から読もうと思っていた本屋大賞
天地明察天地明察
(2009/12/01)
冲方 丁

商品詳細を見る

読み始めました。ひょっとして今年一番の大ヒットかもー


6.4
Emmaの家がある辺りは広々として緑が多く、家はゆったりと建てられ、
町全体にupperな感じと統一感があります。
子供たちが休暇中なので午前中はいつも近所の公園へお散歩。
このときばかりは、「あ~マロンとミントを思いっきり走り回らせてあげたいな~」と
思い出していました(笑)。
0604n01.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

イギリス旅行記 -6- Nottingham

だらだらと旅行記を書いている間に、ソンブロイユの二番花が
たくさん咲いています。お庭は荒れ放題で、明日こそ・明日こそ・・・と
思っている間にどんどんジャングルぐるぐるに。
せっかくWisleyで買ってきたひまわりの種まきもまだです。


6.2 
いよいよLondonともお別れして、この日はNottinghamへ向かいます。
Kimの家族と別れ際、7歳のZoeが私に2冊の本を読んでくれました。
すごくいい本だったので、早速日本に帰ってからAmazonで注文。生徒さんに読んであげる予定です。
The GruffaloThe Gruffalo
(2006/03/02)
Julia Donaldson

商品詳細を見る

The Giving TreeThe Giving Tree
(2003/04/15)
Shel Silverstein

商品詳細を見る


Londonを8時ごろ出れば、Nottinghamには11時過ぎに着きますから、
東京と水戸みたいな感じでしょうか。

Wimbledon parkからDistrict Line --> Victoria Line と乗り継いでKing's cross St. Pancrasへ。
乗り継ぎがうまく行って、Ryanがネットで調べてくれた電車(5番線から出発予定だった)
より一本早いのに乗れそうだったので、急いでチケットを買いに行き
対応してくれた駅員さんに 多分同じホームから出発だろうけど念のため聞いてみようと思い
Which track does the train leave from? と言うと
「アイト」 と返事されました。
心の中でFiveと言われる準備ができていたので、一瞬 めんくらって
Five? と聞いたら またまたハッキリと
「アイト」と言われて、今度は指を8本立てられました。
私が 「エイト?」 と言ったのですが、こいつは英語が通じないらしいと思われて
別の駅員さんを呼んで、
「こいつぁ~は俺の言ってることよくわかんねぇみたいだから、ちょっくらホームまで連れてってくんねぇ」
みたいに言いながら
しつこく「アイト、アイト」とウインクまでされました。
これがコックニーっていうのかしら???と思いながら、親切な駅員さんに誘導されて8番線へ。
いやはや・・・こんなに分からないとは思いませんでした。
ついでに、ロンドンの鉄道は出発ギリギリになるほどに運賃が跳ね上がることを知りませんでした。
高かったですぅ
約一時間の乗車でGranthamへ。迎えに来てくれたRyuくんの車で20分くらいでNottinghamでした。
0602n01.jpg


続きを読む

イギリス旅行記 -5- Cotswolds

6.1

この日ばかりはCotswoldsへ行くために、日本であらかじめバスツアーを申し込んでありました。たくさんのツアーがありますが、Fさんオススメの村々がバッチリ入った
「プレミアム コッツウォルズ1日観光」というものです。

cw.jpg
08:00 [みゅう] ロンドン前 (集合)
08:10 ヴィクトリア・コーチ・ステーションより出発
10:00 バーフォード
11:15 バイブリー
12:15 昼食(鱒料理)
14:00 バートン・オン・ザ・ウォーター
15:00 ストラットフォード・アポン・エイボンにてスナックとドリンク
18:00 ロンドン到着予定

早朝から霧雨のような雨が時折降っていましたが、傘をさすほどでもなく・・・
ロンドンらしいといえばらしいのですが、この日に降らなくても...

続きを読む

** Profile **

佳江

** Main Site **
Welcome to Yoshie's Garden(本館)

* 最近の記事&コメント
* mail me *
メールはこちら 
ブログ内検索
** LINKS **

*script by KT*
* カテゴリー
* 過去ログ
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。