スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス旅行記 -3- London

5.30 

前日の雨がウソのように、朝から青空が広がりました。

この日のテーマは[ガーデン・ショッピング・カルチャーコース]
午前中はRegent Parkの中にあるQueen Mary’s Gardenでバラを見て、
午後はオックスフォードサーカス~ピカデリーサーカス~コヴェント・ガーデン~大英博物館。
夜はRyanがローストチキンを焼いてくれるというので
18時までに帰宅するため、きっちりと予定を立てました(笑)。

クイーンメアリーズガーデンはFさんオススメのスポット。

ゴージャスなゲートをくぐり,中へ入るとバラの海・・・・\(^o^)/
というわけには~いかなかったですけど^^;
それはそれは素晴らしい空間でした。
「ちょっと早いかな~」とおっしゃっていたFさんの言葉どおり。
イギリスのバラの季節はウインブルドンが始まる頃(6月中旬)なんだそうです。

綱引きの綱みたいなのにシュートを誘引してあるアーチは
咲いていたらどんなに素敵かと妄想をふくらませていました。
それでも所々咲いているところもあったりして
右下は私の大好きなジャクリーヌ・デュプレ。くんくんしてきました♪
0530qg01.jpg

池のそばでは水鳥やリスなんかもたわむれていてのどかさ満点。
中には一軒カフェがあり、ここで午後のコースの道順を再確認。
Well....Here we go! って私は1人でした(笑)。
0530qg02.jpg
Tubeに乗ってオックスフォードサーカスへ。
ここからピカデリーサーカスは東京でいうところの表参道。

リバティーは建物の内部も本当に素敵で、うっとりと楽しんできました。
手芸をする人にはたまらないような売り場もありました。
リバティを出てからもあっちへフラフラ、こっちへフラフラ。
お買い物袋をぶらさげて、いかにも日本人な私なのでした。
0530lon01.jpg

チャイニーズタウンを抜け、レスタースクエアに来たら
五叉路・六叉路がいくつかあり方向がわからなくなってしまいました。
そのあたりの人に道を聞いても「私もこの辺はよくわからない」と言われ、
しょうがないのでカフェに入って聞いて、やっとのことで
コヴェントガーデンまでたどり着きました。
日本でもおなじみの店がここにもたくさんありました。
私にはポートベローのほうが楽しい印象だったかな。
0530lon02.jpg

PUBには一度入ろう、と思ってドアを開けてみたりもしたのですが、
日本人の女の人が1人で入れる雰囲気のところはさすがになくて、
Neel Streetにあった PUBみたいなCAFEみたいなところで遅めのランチ。
量が多すぎて もったいないですがもちろん食べ切れません。
そして大英博物館へ。
0530lon03.jpg

広い~!! カメラ撮影自由。しかもフラッシュ

社会の教科書で見たようなものが、あちらにもこちらにも。
ロゼッタストーンも。

あまりに広すぎるし、帰宅するまでにそれほど時間もなかったので
古代ギリシャ、ペルシャ、エジプト、リニューアルした
日本特集も見てきました。
千代の富士の写真とか、げげげの鬼太郎の漫画が紹介されていたり
もちろんGEISHAのコーナーも充実してました。

ミイラは圧巻。こんなに良い状態で残っていることが不思議なほど。
0530lon04.jpg

Ryanのチキンの焼き上がりに間に合うように帰らなくちゃ。
と、切り上げたところでデジカメの充電切れ
Bootsでインスタントカメラを買って、滞りなくその後も撮影(笑)。
まだ現像に出していませんので、
Ryanの素晴らしいチキンは今日はアップできません。
グレービーソースに付け合せ色々まで作ってくれていました。

イケメンで背が高くて頭がよくてユーモアがあり話が面白くて笑わせてくれる。
しかもー
Executive vice PresidentでMBAも持っていて
子煩悩で料理が上手で毎朝カフェラテを淹れてくれる。
うちのパパさんと同じだわ~ Awesome!
(バッシーーーーーーーン!!!)

食事のあとはHDDに撮ってあるという有名なイギリスの番組
「Britain's Got Talent」(ポールポッツやスーザンボイルで日本でも有名かな)
を毎晩家族がつけているので私も見てました。
20100528-0606イギリス 064
スポンサーサイト
** Profile **

佳江

** Main Site **
Welcome to Yoshie's Garden(本館)

* 最近の記事&コメント
* mail me *
メールはこちら 
ブログ内検索
** LINKS **

*script by KT*
* カテゴリー
* 過去ログ
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。