スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あしびきの....

皆様、ごきげんよう。
まだまだ残暑が厳しいですね


全くお手入れをしていないので、お庭ではポンポン咲きの夏のバラが
まばらですがいつも何かしら咲いています。
120825.jpg
例年は返り咲きもしないレーヌ・デ・ビオレットまでが咲いています。

今年は剪定する気力体力がないので、とうとうシルバーさんにお願いすることにしました。
9月5日にお庭全体をお手入れしてくださるそうです。


今週月曜日から私のお仕事も始まり、完全に腑抜けになっていた私も
ようやく頭が回転してきました。
まだ夏休み中の生徒さんたちは宿題の仕上げで必死です。

今日のタイトル「あしびきの」
そう、皆さんご存知 柿本人磨の歌の枕詞です。

  あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む

高校生の子達が百人一首の話をしていて、ある子がこの歌を気に入っているというのです。
ふーん、恋でもしてるかしら?!
話が広がり、紫式部や小野小町、恋の歌の本当の意味や裏の意味。
学校で習ったことや自分で研究したことなど話してくれたのですが
すっかり色々忘れている私にはとても新鮮でした。
百人一首っていったら「蝉丸」が真っ先に思い浮かぶ私って(^_^;)(^_^;)(^_^;)
ちょっと私も古の歌など、もう一度勉強してみようという気になっています。
娘の古典の参考書を引っ張り出してみようかな~。


近頃は全然読書もしていませんでしたが先日読んだ
↓↓ 私にはこのトリック、全くわかりませんでした。
  もう一度読みたいとも思わなかったなぁ。
イニシエーション・ラブ (文春文庫)イニシエーション・ラブ (文春文庫)
(2007/04)
乾 くるみ

商品詳細を見る


↓↓買った記憶はないのですが、このタイトルを娘たちが買うわけもなく
本棚にあったので次に読もうと思ってます。
40 翼ふたたび (講談社文庫)40 翼ふたたび (講談社文庫)
(2009/02/13)
石田 衣良

商品詳細を見る


↓↓積読の一冊。こちらはその次かな。
魔王 (講談社文庫)魔王 (講談社文庫)
(2008/09/12)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト
** Profile **

佳江

** Main Site **
Welcome to Yoshie's Garden(本館)

* 最近の記事&コメント
* mail me *
メールはこちら 
ブログ内検索
** LINKS **

*script by KT*
* カテゴリー
* 過去ログ
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。